Project

General

Profile

Ruby on Rails 開発環境の作り方 (Ubuntu 14.04 LTS)

2016/03/01 更新

1. 必要なライブラリーのインストール

一行で入力して下さい

$ sudo apt-get install -y  build-essential bison flex sqlite3 autoconf git-core 
         libreadline6-dev  zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev libxml2-dev libxslt1-dev libncurses5-dev libsqlite3-dev

2. rbenv のインストール

  • rbenv, ruby-build のインストール
$ cd
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git  ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
  • .bashrcの設定

インストールが修了したら .bashrc の最後に以下の rbenvの起動スクリプトを追加します。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
  • 確認

.bashrc変更後に以下を実行

$ source .bashrc

ここで、rbenv install --list を実行し表示されたリストに中に2.1.0があれば OK

$ rbenv install --list 
Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420

  ...

  2.3.0

  ...

3. Ruby のインストール

  • インストールと設定
 $ rbenv install 2.3.0
 $ rbenv rehash
 $ rbenv global 2.3.0
  • 確認

ruby -v を実行し、 以下のように表示されれば OK

$ ruby -v
ruby 2.3.0  ...

4. Ruby on Rails のインストール

  • gemコマンドのアップデート
$ gem update --system -N
  • インストール
$ gem install bundler -N
$ gem install rspec -N
$ gem install therubyracer -N
$ gem install rails -N
$ rbenv rehash
  • 確認

rails -v を実行し、 以下のように Rails 4.2.3 が表示されれば OK

$ rails -v
Rails 4.2.5

5. 関連ライブラリーのインストール

Ruby on Railsでは初めてプロジェクトを作った際に関連するライブラリーがインストールされるので、一度ダミーのプロジェクトを作成します。

$ cd /tmp
$ rails new dummy
      create  
      create  README.rdoc
      create  Rakefile

      ...

Your bundle is complete!
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.