Project

General

Profile

Shibuya.lisp TT#4 「ふつうのLisp入門」

11月7日開催の "Shibuya.lisp TT#4":http://shibuya.lisp-users.org/ でLispの初心者向けセッションを行います。

受講する方は、以下を予めPCにインストールしてきて下さい (会場では無線/有線LANは使えませんのでご注意下さい)。

1. Lisp(Scheme)の処理系

今回はLisp(Scheme)の処理系として Gauche を使います。

Gaucheの最新版は 0.8.14 ですが、0.8.12, 0.8.13でもかまいません。

インストール手順:

Winodws

  1. "コンパイル済Windows用バイナリ (実験中)":http://practical-scheme.net/vault/Gauche-mingw-0.8.14.zip をダウンロード
  2. 適当なディレクトリー、例えば C:¥ に展開します。
  3. 環境変数 PATH に上で展開したGaucheの binディレクトリーのパスを追加します、C:¥ に展開した場合は C:¥Gauche¥bin をPATHに追加
  4. DOS窓で以下のように gosh (Gauche) を実行しバージョン番号が表示されれば OK
C:¥>gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.14 [utf-8]
C:¥>

Mac (Leapoad, Tiger)

portでインストールするのが簡単です。

% sudo port install gauche
% gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.13 [utf-8,pthreads]
%

Mac (Snow-Leapoad)

今のところ、port一発では入りませんが、以下の手順でインストールできます。

% sudo port install libiconv +universal
% sudo port install gdbm  +universal
% sudo port install gauche build_arch=i386
% gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.13 [utf-8,pthreads]
%

Linux等

Debian,Ubuntuは apt でインストールできます。

それ以外のLinux/Unixでは "ソース":http://prdownloads.sourceforge.net/gauche/Gauche-0.8.14.tgz をダウンロドして make installして下さい。

% gzcat Gauche-0.8.14.tgz | tar xf -
% cd Gauche-0.8.14
% ./configure
% make
% make test  
% sudo make install
% gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.14 [utf-8,pthreads]
%

2. rlwrap (Mac,Linux のみ)

gosh にはGNU readline は組み込まれていませんので、gosh を便利に使うために "rlwrap":http://freshmeat.net/projects/rlwrap/ をインストールする事をお薦めします。

インストルは

  • Mac: sudo port install rlwarp
  • Debian,Ubuntu: sudo apt-get install rlwarp
  • その他: "ソースをここ":http://freshmeat.net/projects/rlwrap/ からダウンロードし make install

3. Lispコードをシンタックスハイライト出来るエディター

Lispのプログラミングを支援(対応カッコのハイライト、インデント…)してくれるエディターをインストールする事をお薦めします。

Emacs,Vim等のインストールはネット上の情報を参考にして下さい。今回は、最低限のインストールが出来ていれば良いと思います。

テキスト・サンプルコード

テキスト・サンプルコードは http://ey-office.net/redmine/attachments/28/shibuya_lisp4.zip をダウンロードしPC上で展開して下さい。